最近、競馬人気が高まってきていています。
それに伴い競馬新聞も一般の人でも使いやすく分かりやすいものが求められています。
競馬の人気の高まりの一因はインターネットの普及にあると考えられていて、ネットで競馬新聞が気軽に読め、馬券の購入もできてしまいます。
より気軽に、より身近に競馬を楽しめるようになったといえるでしょう。

ファンを湧かす騎手の存在によって、競馬場に足を運ぶ女性の割合も増えてきています。
競馬をより楽しむためには、やはり馬券を購入することが必須です。
そして、馬券を購入するためには、レースを分析し予想するための情報が必要です。
この情報収集のためにこそ競馬新聞の存在があるといえるでしょう。

競馬ファンの裾野が広がってきている今だからこそ、初心者にも優しい競馬新聞が求められています。
初心者にも優しいとは、読みやすく使いやすいということです。
新聞社もそうした状況はつかんでいるようですし、またインターネットでも配信するようになって、昔に比べるとすいぶんと良くはなってきています。

さて、使いやすい競馬新聞とはどのようなものでしょうか。
競馬新聞は一般の新聞に比べると、独特な紙面構成になっています。
これが初心者にとってはとっつきにくく感じさせる要因の一つなのですが、これは競馬新聞だからこそという要素なので使い続けて慣れるしかありません。

私は競馬ブックを使い続けていますが、使いやすいと思う理由は、解説やコメントが丁寧で分かりやすいということがあげられます。
おそらく記者の皆さんもそれを心がけているのでしょう。

また、競馬新聞には縦組みと横組みがありますが、私は横組みの方が見やすいと思っています。
この点でも競馬ブックは横組みになっていて使いやすいです。
初心者向きとしては競馬エイトがあり、コラムが充実していて初心者でも楽しめる内容で、カラーで読みやすいと定評もあります。
Web版に力を入れていて、タブレットやスマートフォンでも紙面を見ることができます。

競馬場でもタブレットを持参して、情報の確認をしている人を見かけるようになってきました。
幅広い情報を伝える、競馬予想のウェブサイトも色んなものが増えてきてますし、今後はますますタブレット利用者が増えていくことが考えられます。
いずれにしてもいろいろな競馬新聞を参考にするより、どれか一紙に決めて同じものを使い続けるのがいいと思います。
初めは難解だと感じていた新聞でも、慣れてくると使いやすくなってきます。

©2014 競馬予想のための競馬新聞を選ぶ基準について